解体処分可能な物置一覧

 

小型物置

 

下に基礎が無いブロックなどもない簡易的な物置のタイプです。そのまま運び出しが出来る場合には解体せずそのまま運びます。購入時も安価な為一般的に買取りは難しいです。いなば製品やヨドコー製品の一部のみ無料回収から買取り出来る可能性が有ります。

 

家庭用物置

 

一番以来の甥サイズの物置が家庭用物置になります。高さ背丈ほど、横幅1.8mぐらいが一般的で奥行きは様々です。この大きさ以上になると物置の解体作業は必須になります。古くネジが腐った物置は解体作業料金が別途かかる場合も御座います。

 

4〜8畳特大物置

 

埼玉県などの郊外では良く見かける特大の物置、こちらは基礎もコンクリートの場合が有ります。ブロック基礎の場合でも必ずと言っていいほど強固に作ってありますので大掛かりな解体がメインです。まずは費用の算出の為無料お見積りからどうぞ。

 

 

 

物置解体処分の
料金

 

 

 

 

 

 

 

物置解体処分の事例

 

お会計 ¥7,980

 

物置の回収処分でお伺いしました。さほど大きい物置でもありませんでしたので解体追加料金などなく、中身も同時に片付け、不用品回収を行いました。中身の不用品もご相談下さい。

工事回収費 ¥7,980
買取り ¥0
お会計 ¥7,980

 

お会計 ¥14,800

 

物置の解体工事から回収までのお仕事をいただきさいたま市までお伺いしました。通常工具で解体可能と判断しましたので、追加解体費は無く一般基本料金にてご案内させて頂きました。

工事回収費 ¥14,800
買取り ¥0
お会計 ¥14,800

 

 

 

 

物置の解体処分
対応地域

 

対応エリア

埼玉県

東京都

 

 

物置の解体処分
依頼の流れ

STEP1
無料お問い合わせ

 

初めてでも安心して頂けるよう専門のコールスタッフがお受けします。質問だけでも大丈夫!不安な事は無料で聞いてみましょう。

STEP2
無料お見積り

 

エアコンの取り外し工事の料金、買取りの有無、気になる方は無料のお見積りをしましょう。お見積りに費用は一切かかりません!

STEP3
作業開始

 

料金に納得を頂けたら希望の日程で不用品回収の作業を開始します。当日の追加や、物量減少による減額も対応可能です。

STEP4
回収後のお掃除

 

回収作業が終わったら、作業場所の清掃を行います。賃貸住宅であれば退去が出来るレベルでお掃除していきます。

STEP5
作業完了の確認

 

回収忘れは無いか、建物に傷は付いてないか、依頼内容と違いはないか、お客様と一緒に最終確認を行います。

STEP6
お支払い

 

最後の完了確認でOKを頂けましたら料金のお支払いになります。買取り品がある場合は減額、キャッシュバックで対応します。

 

 

物置の解体処分でよくある
質問

ごく一部の物置のみ可能ですが、一般家庭品の中古の物置は殆どが買取り出来ません。

 

●買取りが出来ない物置
家庭用中古品の物置、安価物置、欠損欠品の物置。

 

●買取りが出来る物置
国内メーカー品の未使用品、業務用物置。パネル組みの移設可能な物置。

物置の大きさ、置いてある環境、必要人員の量、これらに加えてリサイクル可能か、買取りか、など様々な条件を基に料金が決定されます。回収する工事費と回収の基本料金表としては以下の通りです。

 

●1基工事回収   ¥7,980〜
●2基工事回収   ¥14,800〜

 

表記は最安値です。お見積りは必須事項となりますので料金が気になる方はお問い合わせ下さい。

 

※現在キャンペーンにより通話料無料、お見積り無料でご案内中です。

 

お客様相談専用ダイヤル
電話 0120-53-8302
メール問い合わせはこちら

対応エリアである埼玉県、東京都、どちらも即日対応エリアです。

 

ですが、予約状況によってはご希望に添えない場合も御座います。繁忙期には先約の予約優先となりますのでお早目にご相談下さい。

 

お見積り・ご相談は無料ですのでお気軽にご相談ください。

基本的には何でも対応します。ですが準備も御座いますので必ず予めお見積り時に状況の説明、ご相談をお願い致します。

 

特殊な環境の場合、当日現地で突然の対応は出来ない場合が御座います。

 

●戸建ての裏
●屋上
●樹木に埋もれている

 

これらに該当する場合はまずは無料相談・お見積りからどうぞ。

物置の解体工事・回収にかかる時間は主に以下の通りです。

 

【作業時間の目安】
●1基   約30分
●2基   約60分
※住居の環境、道路状況により作業時間は前後します。環境により時間は大きく前後します。

 

 


メール問い合わせ

電話問い合わせ

メール問い合わせ