【無料〜有料】テレビの捨て方6つと注意点を不用品回収のプロが解説

【無料〜有料】テレビの捨て方6つと注意点を不用品回収のプロが解説

最終更新日:2022年11月23日

 

テレビを処分したい。捨て方や方法が分からない。安くお得に処分する方法が知りたい。無料で処分できる方法とかもあれば知りたいなどお考えの方へ。

 

●テレビって、どうやって捨てるの?

 

●テレビって無料で処分出来るの?

 

●お金がかかるとしたら、いくらかかるの?

 

●大きくて、自分で家から運び出せなさそう…

 

上記のようなことが心配な方もこのページを読み終えるとテレビの捨て方が分かり、安心して手放せるようになります。

 

\このページでわかること/

●テレビを処分する方法が分かる

 

●テレビの処分にはいくらかかるのか分かる

 

●無料でテレビを処分出来る方法も分かる

 

●早く、簡単に処分する方法もわかる

 

 

 

この記事を書いているのは遺品整理・不用品回収オラフグループ(全国規模)の経営者です。
不用品回収、遺品整理業界に勤務して11年間の中で、壊れたブラウン管テレビや薄型テレビなど1,100台以上のテレビをお客様の元から引き取ってきました。

 

実際にご相談いただいた事例をもとに、あなたが欲しい情報をわかりやすくお届けします。

 


 

 

 

 

 

テレビを処分する6つの方法

 

テレビは処分する方法は無料から有料まで6種類あります。

 

「引っ越し日までに捨てたい」「とにかく安く捨てたい」「新しいから、買い取ってほしい」など処分理由に合わせて選ぶと、損することなく捨てられます。

 

テレビの処分方法
  • ほしい人に譲る
  • リサイクルショップやフリマアプリで売る
  • 自治体認可の廃棄物処置業者で処分する
  • 自分で持ち込み処分する
  • 家電販売店の引き取りを利用
  • 不用品回収業者に引き取り処分を任せる

 

それぞれの処分方法の流れや料金を注意点とともにご紹介します。

 

 

 

1.ほしい人に譲る【無料】

 

友人や親せき、ネットを通してテレビを譲渡する方法があります。

 

廃棄処分しないため家電リサイクル料金も収集運搬料金もかけずに、無料で処分できる方法です。すでにテレビを持っている方であっても、寝室用にもう1台購入を考えている方や一人暮らしを始めたばかりの方には需要があります。

 

譲る相談を持ち掛ける前には正常に動くことを確認するのが最低限のマナーです。

 

譲った後もよい関係を継続できるように、あらかじめテレビの年式や保証内容・期間、引き渡しの配送方法を話し合っておきましょう。

 

ネットでほしい相手を探す

知人や親せきに譲る以外にもネットの地域掲示板やアプリを通して、引き取り手を探す方法もあります。地域の中から幅広く欲しがっている人を探せるという便利な反面、トラブルが起こりやすいというリスクもあります。

 

身元が分からない人と連絡を取るときには、自身の情報を相手に渡さないことも必要です。取引連絡手段はアプリだけに限定したり、譲渡専用のアカウントを使用するなど対策をたてましょう。

 

地元の譲渡掲示板ジモティー

 

 

 

2.リサイクルショップやフリマアプリで売る【無料】

 

リサイクルショップやフリマアプリ、ネットオークションを利用してテレビを売る方法もあります。

 

最寄りのリサイクルショップで持ち込み査定してもらうほかに、出張買取査定を利用することもできます。

 

出張査定を無料にしているリサイクルショップに依頼すれば、家にいながらにテレビの価値が分かり、納得できればその場で買取、引き取りを行ってくれます。

 

買取価格をあげるコツはリモコン、説明書、箱、配線などの付属品を揃えたり、査定や出品前に清掃することです。

 

液晶の指紋やテレビの裏側のホコリを拭き取るだけでも印象が変わります。

 

ただし、買取対象となるテレビには条件があります。リサイクルショップは買取対象外となったテレビを引き取ってくれません。

 

買取対象のテレビ


リサイクルショップでは「製造から5年以内のテレビ」という買取基準が設けられています。テレビの耐用年数は5年という基準があることが背景に考えられます。

 

リサイクルショップでは再度販売することを目的として買い取っているため、売った後にすぐに壊れるリスクのあるテレビは買取していません。

 

ハイセンスやLGなど海外ブランドは新しくても、高価買取に期待はできません。海外メーカーのテレビは元の販売価格が安い上に、シャープやレグザなど国内メーカーに比べて需要が少ないからです。

 

ネットを通して売る


リサイクルショップで買い取られなかったテレビでもフリマアプリ、ネットオークションでは売れることもあります。サイトを通した個人間での取引になるので、価格とスペックからほしい人が見つかることもあるからです。

 

「ネットでテレビを売る手順」

 

テレビを撮影する

スマホでテレビの外観(汚れや傷も)年式、付属品(リモコンや配線、説明書)などの写真を撮ります。

 

手順に沿って出品する

商品説明文を記載し、配送方法や配送にかかる日数などを選択して出品します。

 

梱包、配送手続きをする

落札者が現れたら、梱包し発送します。

 

「テレビが売れるサイト・アプリ」

 

オークションサイト

最低落札額を決め、競り形式で落札額が上がっていくサイト。自分の想定額よりも高く売れる可能性がある。

 

 

フリマアプリ

販売価格を自分で決めて、出品するアプリ。過去の取引履歴によって相場価格が決まりやすい。

 

 

 

3.地域の廃棄物処理業者へ依頼する【有料】

 

自治体認可の廃棄物処理業者にテレビを引き取り処分してもらう方法もあります。

 

各市区町村から一般廃棄物収集運搬許可を受けている業者は、一般家庭から「ゴミを引き取ってもいいよ」という許可を受けているため適切に処分してくれます。

 

廃棄物処理業者を利用すると「テレビの家電リサイクル料金」と「収集運搬料金」がかかるので、処分料金は約3,000円〜7,000円です。

 

料金に幅があるのはテレビの種類によって家電リサイクル料金が変わることと、収集運搬料金が廃棄物処理業者によって独自に決められているからです。

 

料金も流れも業者によって多少異なるため、詳細は申し込み時に確認します。

 

「廃棄物処理業者で捨てる流れ」

 

申し込み予約

廃棄物処理業者へと電話で収集申し込みをし、予約をとります。地域の廃棄物処理業者は自治体サイトや役所の窓口から調べます。

 

家電リサイクル券の購入

郵便局でテレビのメーカーとサイズに合わせた家電リサイクル券を購入します。

 

引き取り

テレビを引き取りに来た廃棄物処理業者に家電リサイクル券と収集運搬料金を渡します。

 

家電リサイクル券の購入や室内からの運び出しも希望するときには別途料金が発生することもあります。

 

 

 

4.指定引取場所へ持ち込み処分する【有料】

 

家電リサイクル協会によって決められた指定引取場所へ持ち込み処分する方法もあります。

 

粗大ごみの持ち込み処分と同様に、予約から搬出、持ち込みまですべて自分で行うため安く処分できます。

 

支払う金額はテレビに合わせた家電リサイクル料金の1,296円〜3,988円だけです。

 

「廃棄物処理業者で捨てる流れ」

 

申し込み予約

最寄りの指定引取場所へ電話し、持ち込み予約を取ります。指定引取場所は家電リサイクル協会または自治体のサイトから検索します。

 

家電リサイクル券の購入

郵便局で処分するテレビに合わせた料金の家電リサイクル券を購入します。

 

持ち込み処分

テレビを車に積み込んで、予約した日時に指定引取場所へと持ち込みます。指定引取場所では係員の指示に従ってテレビと家電リサイクル券を引き渡します。

 

指定引取場所の持ち込み受付時間は平日9:00-17:00、受付終了は16:30となっています。

 

 

 

5.家電販売店に引き取ってもらう【有料】

 

家電販売店の引き取りは負担が少ない処分方法です。

 

家電リサイクル券の購入手続きや室内からの運び出しも家電販売店が手配してくれます。

 

家電リサイクル法では「小売店は過去に販売したテレビを引き取らなければならない」と義務化されているため、テレビを売った家電販売店は引き取り処分を断ることができません。

 

Amazonなどネットで購入した場合でも同様です。

 

引っ越しで購入した販売店が遠方になってしまったときや購入店がつぶれてしまった、分からない場合には、最寄りの家電販売店でも引き取ってくれます。

 

ただし、収集運搬料金が高くなることもあります。

 

たとえば、エディオンは過去に購入したテレビの収集運搬料金は2750円ですが、別のお店で購入したテレビは3,850円と1100円も高くなります。

 

家電販売店の引き取り料金


家電販売店でテレビを処分するときには「リサイクル料金」と「収集運搬料金」がかかります。

 

家電販売店 収集運搬料金※ 引き取りのみの時
ヤマダ電機 1,650円 2,750円
ケーズデンキ 1,650円 3,300円
ビックカメラ 1,650円 5,500円
エディオン 1,650円〜2,750円 2,750円〜3,850円
ヨドバシカメラ 550円 2,750円

※配送を伴う買い替えをするときの収集運搬料金

 

 

 

6.不用品回収業者を利用する【有料】

 

もっとも手間をかけないテレビの処分方法は不用品回収業者を利用することです。

 

家電リサイクル券の購入手続きや配線の取り外し、テレビの運び出しまですべてスタッフがおこなってくれるからです。

 

小型テレビの引き取り料金は6,000円程度でおさまります。リサイクル料金や収集運搬料金はもちろん、運び出し手数料などもすべて含んで6,000円程度です。

 

「利用方法」

 

問い合わせ

電話やメールから不用品回収業者に問い合わせ、オペレーターの指示に従って「地域・回収してほしい品目・建物の種別(マンション・戸建て)」などを伝えます。

 

お見積もり・予約

「テレビ1つだけ」「テレビとテレビ台」など不用品の品目がはっきりしていれば、電話口でも料金を確定できます。料金に納得できれば、そのまま予約へと進みます。

 

作業・お支払い

作業当日は見ているだけで構いません。スタッフが配線の取り外しや養生など下準備を済ませ、運び出していきます。運び出しが終わったら作業料金を支払います。

 

テレビの屋根の上についたアンテナ撤去やチューナーもまとめて引き取れる点も不用品回収業者の魅力です。

 

 

 


テレビは家電リサイクル法の対象

 

家電リサイクル法が施行された2001年4月以降、テレビは粗大ゴミとして処分できなくなりました。自治体での回収は基本的に行っていないので、自分で処分方法を選び、手配して捨てなければなりません。

 

 

 

家電リサイクル法

 

家電リサイクル法は家電製品に含まれている資源を有効活用し、循環型社会を目的として作られた法律で、正式名称は「特定家庭用機器再商品化法」です。法律によって排出者、小売店、製造業者には義務が課されました。

 

  • 排出者…収集運搬料金とリサイクル料金を負担
  • 販売した小売店…対象家電の引き取り
  • 製造業者…再商品化

 

家電リサイクル法の対象となったのはエアコン、テレビ、冷蔵庫(冷凍庫)、テレビ(乾燥機)の4つです。

 

一部除外されるテレビもありますが、「プラズマテレビ」「液晶テレビ」「ブラウン管テレビ」などは大きさ、年式に関わらず家電リサイクル法の対象です。

 

 

 

対象外のテレビ

 

テレビの機能がついていても、対象外となるテレビもあります。

 

家電リサイクル法対象外のテレビ
  • 携帯可能な液晶テレビ※電源として一次電池又は蓄電池を使用
  • 建築物に組み込むことができるように設計したもの
  • ディスプレイモニター(チューナー無)
  • プロジェクションテレビ
  • テレビ受信機能付き携帯電話
  • カーナビ
  • パソコン用ディスプレイモニター(チューナー付を含む)

 

これらを捨てるときは、家電リサイクル券は必要ありません。

 

 

 

テレビの処分料金

 

家電リサイクル法によってテレビの処分手数料は一律に決められています。

 

料金はメーカーや種類、大きさによって分けられており、サイズが大きいほどに高くなります。

 

海外メーカーより大手国内メーカーのリサイクル料金が数百円程度安くなっています。大手メーカーは自社で分解工場を持っているため、再資源化するまでの費用を抑えられることができるからです。

 

収集運搬料金は引き取り先から指定引取場所へと運ぶために必要なガソリン代やトラック代、人件費に充てられる費用です。家電販売店や廃棄物処理業者で独自に決められています。

 

テレビの種類 リサイクル料金 運搬料
ブラウン管テレビ 15型以下 1,296円〜3,094円 1,600円〜3,000円
ブラウン管式テレビ 16型以上 2,376円〜3,634円 1,600円〜3,000円
液晶・プラズマ式テレビ 15型以下 1,836円〜3,148円 1,600円〜3,000円
液晶・プラズマ式テレビ 16型以上 2,916円〜3,988円 1,600円〜3,000円

 

 

 

大きさの確認方法

 

テレビの大きさや型番は正面下の方か、裏側に記載があります。

 

型番の最初の2桁がテレビの大きさを表す数字です。たとえば、55型のテレビならKJ-55X9500Eと最初の数字が「55」となっています。テレビ本体以外にも説明書や外箱にも表記されています。

 

 

テレビを捨てる時の注意点

 

テレビを処分するときに気を付ける3つの事項をご紹介します。

 

テレビを処分する事、は常日頃行う事ではありません。分からない事が分からない、とゆう方も多いと思います。

 

処分の方法を間違えると怪我をしてしまったり、捨て方によっては法律により罰則を受ける事にもなりかねませんので注意点をよくご確認下さい。

 

 

 

テレビの搬出方法に注意

 

自分でテレビを動かすときや運ぶときには取り扱い方に注意します。

 

誤った運び方をするとテレビが故障したり、壁紙を傷つけたり、ケガをする恐れがあるからです。

 

このシーンで注意
  • 譲ったり、売ったりして処分する
  • 指定された収集場所が家の外
  • 指定引取場所まで持ち込み処分する

 

テレビを運ぶ前には液晶画面をプチプチ(気泡緩衝材)で挟んで液晶を保護し、古毛布で全体を包み、テレビの角が壁に当たっても傷がつかないように備えます。

 

動かすときも車に乗せるときも縦向きにし、横に寝かせないことも重要です。テレビは横向きにすることを想定して作られていないため、衝撃で壊れる可能性が高くなってしまいます。

 

 

 

家電リサイクル券の取り扱い

 

家電リサイクル券の購入や控えの取り扱いにも注意します。

 

テレビの型番やメーカーを確認してから購入しに行きましょう。料金が不足していた場合は引き取ってもらうことができませんし、間違えて購入してもすぐに郵便局窓口で返金してもらえないからです。

 

返金手続きは家電リサイクル協会への申請が必要となります。

 

家電リサイクル券の控えは引き取り業者が製造事業者に引き渡したことが確認できるまで保存します。

 

自分のテレビのリサイクル状況は家電リサイクル協会の排出者向け引取り確認ページから確認できます。

 

 

 

悪徳業者に注意

 

不用品回収業者を利用するときは悪徳業者に注意します。

 

悪徳業者に依頼すると「不法投棄」や「高額請求」の被害者になってしまうことがあるからです。2021年には2000件を超える相談が消費者生活センターに寄せられています。

 

悪徳業者の特徴を理解して、不審に感じたらすぐに断ると被害者になることを避けられるようになります。

 

「選んではいけない悪徳業者の特徴」

 

  • スピーカーから大音量でアナウンスするトラックで街中を回遊
  •  

  • ホームページや名刺がなく、会社情報が不明確
  •  

  • 口コミや評判が悪い
  •  

  • 料金を伝えることなく作業を始めようとする

 

万が一、悪質な不用品回収業者を利用してしまったら消費者生活センターへ相談しましょう。次の被害者を減らすことにもつながります。

 

消費者ホットライン

電話番号:188(市外局番なし)
受付時間:10:00-16:00

 

 

テレビの不用品回収事例

 

「テレビの捨て方はわかったけれど、自分で捨てるのは大変そう…」という方にむけて、テレビの回収事例をご紹介します。

 

少しでも具体的に想像していただけるよう、料金や作業時間、状況もくわしく書かせていただきました。

 

\動画でも紹介中/

 

 

 

液晶テレビの回収事例

担当者からのコメント

「壊れた液晶テレビを無料で捨てられますか?」というお問い合わせをいただきました。
テレビの状態をお伺いしたところ、8年前に購入したテレビの液晶にひびが入り映らなくなってしまったとのことです。リユースやリサイクルが難しいことをご説明し、有料でのお引き取りを提案いたしました。料金や作業内容にご理解いただき、翌日回収にお伺いしました。運び出しから処分手続きまでできるところが決め手となったことです。

回収物 壊れた液晶テレビ(小)
作業時間 10分
作業人数 1名
お見積り ¥4,800
買取り ¥0
お会計 ¥4,800

 

プラズマテレビの回収事例

担当者からのコメント

60インチのプラズマテレビの回収依頼をいただきました。タワーマンションの規約で台車の利用条件やトラックを止める場所の規制が厳しく、搬出方法に悩んでいるとのことでした。都内のタワーマンションでは事前申請が必要だったり、作業制限が設けられているケースもございます。当社スタッフが事前に管理会社に搬出時間や養生の有無、駐車位置をお伺いし、テレビの回収を行いました。

回収量 60型プラズマテレビ
作業時間 30分
作業人数 1名
お見積り ¥9,800
買取り ¥0
お会計 ¥9,800

 

ブラウン管テレビとテレビ台の回収事例

担当者からのコメント

ご実家にあるブラウン管テレビとテレビ台の回収問い合わせをいただき、料金にご納得いただけたので回収にお伺いしました。昔ながらのテレビですので奥行きもあり、家族では運び出すのが難しく後回しになっていたとのことです。戸建てだったこともあり、スタッフ1名でも10分以内で積み込み完了しました。

回収量 ブラウン管テレビとテレビ台
作業時間 10分
作業人数 1名
お見積り ¥4,500
買取り ¥0
お会計 ¥4,500

 

 

テレビの捨て方処分方法のまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

テレビの処分方法は無料から有料まで6つの方法があります。安く処分したいときは持ち込み処分など自分で動くのが一番ですが、ケガや室内を傷つけることもあります。

 

多少費用はかかっても業者を利用すると、時間と手間を大きく削減することもできます。捨てる方法はわかったけど、決められない…どれも面倒でよくわからない…

 

という方はお気軽に田中までご相談ください。お住まいやテレビの年式、状態、捨てる理由から最適なご提案をさせていただきます。